pixta_68915531_L.jpg

店舗経営者・経営者様

防犯のプロがご要望に合わせて最適なカメラをご提案し、設置・工事まで一括して行います。また理事会や総会にて、プレゼンさせて頂きますので、ご安心ください。

防犯カメラの在り方

pixta_4779835_M.jpg

以前はごく限られた場所にしかなかった防犯カメラが、どんどん普及し、今ではコンビニだけでなく、飲食店、アパレル関係、理美容関係など、幅広い場所に設置されるようになっています。

内引き被害に悩んでいたお店や、万引きに悩む店舗が設置、クレームの時に見返して事実確認をとるなどトラブル防止というイメージが強かった防犯カメラも、使い方が変わってきています。

 

レジに設置することで、お客様からの言いがかりを防ぐことで、従業員を守ったり、録画した映像を見返し、接客態度を見直すことで、従業員の教育に役立てたり、お客様の来店状況からシフトを組んだりなど、業務効率、人材教育など幅広い用途で使用されるようになっています。

 

お客様の使用する環境に合わせて、もっともっと意外な使い方もできるのかもしれません。

アパレル店舗における防犯対策!

アパレル店舗では万引き等の被害が起こっています。アパレル店舗といえば既に防犯ブザーなど、万引きができないような取り組みをしているイメージがあります。しかしそれでも、万引き被害は絶えません。そういったとき、どういった対策が必要なのでしょうか。

では私たちはどのような対策を行なっていけばいいのでしょうか?。

飲食店における防犯カメラの活用方法!

飲食店では不特定多数の人々が出入りするほか、従業員の方々もアルバイトから正社員までさまざまな雇用形態の方々がいます。そのため、頭を悩ませている店舗経営者からの問い合わせが多くあります。どういった問題があるのでしょうか?

美容室に防犯カメラが欲しい5つの理由

店舗経営の中で美容室の方々からご相談をいただく場合があります。美容室に防犯カメラが必要なのか?と考える方もいることでしょう。しかし実際はお客様との金銭トラブルや店舗内の侵入窃盗などが起こっています。いったいどんな問題があり、どういった対策が必要なのでしょうか。

24時間安心!コンビニエンスストアの防犯対策

コンビニエンスストアでは防犯カメラの無いところ自体が少ないのではないでしょうか。そんなコンビニエンスストアでは、防犯カメラを様々な用途で使用することができます。防犯対策だけでなく、防犯カメラを効率よく使いましょう。

防犯カメラで悩み解決!スーパーマーケット経営者の悩み

スーパーマーケットでは店舗ごとにより経営者の方から様々な悩みや問い合わせがあります。店舗の立地や内装などによって問題は様々です。そういった店舗の悩みをひとつずつ解決していきましょう。

pixta_82832641_M.jpg

ガソリンスタンドにおける防犯カメラの活用

近年ではガソリンスタンドにおける窃盗犯罪が増えつつあります。分かりやすい原因としては、セルフのガソリンスタンドが増加したことが1つの原因でもあります。確かに、従業員の少なく24時間営業も多いガソリンスタンドも多くあるかと思います。きちんとした防犯対策を行なうことで、犯罪を未然に防ぎましょう。

オフィスに防犯カメラを設置し情報漏洩などを防ぐ

いまや、オフィスでの防犯カメラの導入が注目されています。オフィスに防犯カメラがあると社員が監視されているというイメージをもたれる方が多いかと思われますが、これらは情報漏えいの防止等につながり、何かが起こったときに関係の無い人が疑われたりすることを防ぐ役割などもあります。

大型店舗が抑えておくべき防犯対策のポイント!

大型店舗やショッピングモールでは既に防犯カメラや防犯ブザーなどを設置し、防犯意識が高いというイメージがあります。しかしそれだけ防犯対策があっても、敷地が広いため万引きや侵入強盗の被害があります。 一体どのような対策を行なえば防ぐことができるでしょうか。


では各地域ではどういったものがあるのでしょうか?