pixta_68915531_L.jpg

美容室への導入目的

美容室の方々からご相談をいただく場合下記のような目的で設置をされる方が多いようです。

①レジでの金銭授受のトラブル防止

レジ上にカメラを取り付けてお預かりした金額、お返しした金額、クレジットカードをお返ししたか。

などを確認する為に使います。

②お店駐車場でのトラブル

店内だけの撮影に気が行きがちなのですが、意外に重要なのが駐車場など外の監視です。 これは営業時間内だけではありません。空き巣などは、犯行前に下見を必ず行います。

特に美容室、理容室はお店の定休日がきまっている場合が多く、下見もし放題です。

 

そんなとき防犯カメラがあれば、駐車場に近づく不審な人物を撮影することが可能です。

 

こういった犯人は「捕まらないこと」を第一目的にしている為、下見をした際に、防犯カメラがあれば、「防犯に気を使っている店」ということで、ターゲットから外れます。

③夜間の侵入盗難(いわゆる空き巣)の防止

転売目的で、薬剤や備品などの盗難にあった。という声も耳にします。

夜間もしっかりと撮影できる機器を整えましょう。

④スタッフによる内引きの防止

以外と頭を悩ませている方が多いのがこの事案です。

染料などの薬剤を私的利用の為に持ち帰るなど、利益に直結する損害を減らす為だけではなく、 カメラを設置することで捕まえるわけではなく、従業員に思い直してもらいたい。と考えるオーナー様も多いです。

⑤複数店舗を経営されているオーナー様から店舗の様子をパソコンやスマートフォンから閲覧できるようにしたい。

お店の様子を確認したいが、店舗に行く時間を節約したい。

忙しい時間帯のスタッフ配置を確認したい。などのご要望があります。

おすすめの機器

美容室全体を撮影しながらも、より細部まで撮影できる高画質AHDカメラ

出入口は、逆光になってしまい被写体が黒潰れしてしまい、誰が入ってきたのか、判断しづらい。というお声もございますので、逆光補正機能(WDR機能)がついたカメラがおすすめです。また、夜間侵入にも対応できるように、赤外線暗視機能タイプを導入されることもオススメです。

最後にカメラの景観ですが、コンビニあるようなカメラでは、利用されるお客様に「カメラ」と印象付けることになり、お店の雰囲気も崩れてしまう。というお問い合わせもいただきます。そんな時には「ドーム型カメラ」がおすすめです。 エレベータ内などに使われ、パッと見ただけではカメラとわかりにく形状をしておりますので、利用されるお客様に、カメラを意識されず気持ちよくお店をご利用いただけます。