pixta_68915531_L.jpg

アパレル店舗における防犯対策!

アパレル店のディスプレイ

アパレル店舗におけるトラブル・お悩みとして、店舗を訪れる人からの万引き被害があげられます。犯人は、一度万引きに成功してしまうと周囲の人に万引きがしやすい店と周知されてしまい、「万引きのしやすい店」と思われ、2度3度と繰り返してしまう可能性もあります。服や靴、鞄などの商品に防犯ブザーを付けていても、検知されないように細工されたかばんに商品を入れてブザーを潜り抜けるという例もありました。

では、どんな店舗が万引き犯に選ばれてしまうのでしょうか。万引き犯に選ばれやすい店舗の条件として、店員の届かない場所が多い店舗、または防犯カメラ・監視カメラが設定されていない店舗があげられます。 防犯カメラ・監視カメラを設置している店舗では、証拠映像が撮影できる・できないにかかわらず、それだけで抑止効果を発揮できます。逆に、防犯カメラ・監視カメラが設置されていない店舗では万引の被害が増加する傾向が明らかになっています。

 

そこで役立つのが監視カメラ・防犯カメラです。

 

店内の出入り口や四隅、試着室の前や商品棚の間に設置し死角を防ぎましょう。また、目立つところに設置することで「この店には防犯カメラが付いている」と認識させることが出来るため、大きな抑止効果になります。レジ付近にレコーダーとモニターを置いておくことで、「このお店は防犯カメラの映像をしっかり確認している」というアピールにもなります。

 

もし万引き被害にあってしまったときにも、録画した防犯カメラの映像を「証拠」として残すことができます。一昔前の防犯カメラは画質が27万画素程度と人の顔の確認が難しい場合があり、せっかく防犯カメラを付けても意味がないのではないか、と思われたことがある方もいらっしゃるかと思います。現在では130万画素~220万画素の防犯カメラが現れ、以前の映像に比べるとかなり高画質で見やすい映像になっています。また、撮影された証拠映像はUSBフラッシュメモリや外付けHDDにすぐにバックアップをとり移すことが出来ますので、いざというときも安心です。

万引きの被害を受けられた方や、これから開店を予定されている方も被害を最小・未然に防ぐことが出来ますので、しっかりと対策をとりましょう!

労務管理としての防犯カメラ

防犯カメラは、犯罪の防止の他に店内の管理ツールとしても使用することが出来ます。220万画素のカメラであれば、レジ付近に設置することでお札などの金種や差異の確認など金銭の管理を行えます。他にも従業員の動きや接客態度の確認など、録画された映像の確認を行うことができますので、定期的に映像を見直して頂ければ、スタッフのスキル向上にも役立たせることが出来ます。

また防犯カメラを設置し、レコーダーからインターネットを経由することでオーナーさんや店長さんなどの店舗管理者が、スマートフォンやタブレットで店内の状況をいつでも遠隔監視することが出来ます。

今やスマートフォンを持っている人はほとんどですので、アプリを通じて気になる店舗の様子が簡単に見ることが出来るととても便利です。映像の確認は一つの店舗だけでなく、全国の店舗を繋げることで一度に設置している防犯カメラの映像を見ることも出来ます。例えば、全国展開している店舗でも、わざわざ足を運ばずとも店舗の雰囲気やスタッフの様子を気軽に確認することが可能になるのです。

アパレルなどの店舗で顧客管理としての活用

防犯カメラは防犯・労務管理だけではなく、さらには店舗を訪れるお客様の管理にも役立たせることが出来ます。

例えば、お客様の、商品を見る動きや試着した商品、手にとった商品などを確認することで人気商品やトレンド商品の集計を行うなど店舗の動向のマーケティングリサーチにも活用できます。

 

万が一、お客様からのクレームや何らかのトラブルが発生してしまった際にも、録画映像を振り返り、事実関係を見直して確認することも可能です。この機会に、1度の設置で様々な面で業務を円滑にする防犯カメラの導入をぜひ検討されてください。

オススメの機器

レジの金種の確認や証拠映像の撮影にオススメな、最高画質220万画素カメラ
丸いドーム型カメラであれば目立ちにくいため、お客様へ違和感を感じさせにくくなります。 カメラは赤外線搭載の為、夜間電気が点かない店舗でも、24時間の監視が可能です。夜間の盗難や泥棒も撮影できます。

220万画素 AHD専用レコーダー
高画質カメラの映像を保存するための録画機です。撮影した高画質映像の質を落とさず保存することができます。