pixta_68915531_L.jpg

コンビニエンスストアの防犯対策

pixta_32401101_M.jpg

近年、コンビニエンスストアにおいて防犯カメラが設置されていないのを見ること自体が少なくなったと思います。

そしてその設置されている目的も昔は万引き対策だけでしたが、今では様々な目的のもと運用されています。ここではその一部を弊社の施工実績と合わせてご説明させていただきます。

店舗管理として

コンビニエンスストア店舗内の防犯カメラは主にお客様による万引きや、従業員による内引き対策として設置されております。

特に従業員による内引き被害は年々増加しており、その対策として防犯カメラが活用されています。それ以外にも運営本部から複数のコンビニエンスストアを遠隔監視システムで利用しパソコン上で防犯カメラの映像を確認することで集客数や商品の売れ行き、お客様の導線がわかり販売戦略にも一役買っています。

 

また防犯カメラが設置されていることで従業員の仕事に対する意識向上にも役立っています。普段の働きぶりをきちんと評価してもらえると、アルバイトの応募が絶えない店舗もあるそうです。

店外の犯罪抑制

そしてコンビニエンスストアには必ずと言っていいほど駐車場が併設されています。

24時間営業が主流なため、深夜若者が集まったり、違法駐車も後を絶ちません。そんな時も活躍するのは防犯カメラです。

過去に施工したお客様も深夜に若者がコンビニエンスストアにたむろされ、集団による万引きや入口看板を破壊されるなどの被害にあっていました。またその影響で深夜の売上が落ち込んでいました。

そこで防犯カメラを屋外に設置したところ、その日の夜から若者が集うことが少なくなり、最終的にはなくなりました。

 

それによって深夜もお客様が来店されるようになり、売上改善につながりました。治安が良くなったコンビニエンスストアは暗闇の中を照らし、地域の治安を守る役割へと変わっていきました。まさしく防犯カメラを設置したことによる効果です。

コンビニエンスストアでの内引き対策

弊社がお客様からの問い合わせで一番多いのは身内による窃盗被害でした。いわゆる内引きとよばれるものです。

これはアルバイトなどのお店の人間にも関わらず商品を倉庫から盗んだり、またレジカウンターからお金を盗むなどの相談を受けております。身内ということで犯人捜しをしたり警察に届け出ることもなかなか出来ない為、オーナー様の悩みの種になっておりました。

 

そこで防犯カメラをレジカウンターの上と倉庫内に設置したところ、その月から在庫の際が誤差範囲内におさまり、また毎日の売上とおつりの差異もほとんどなくなりました。このようにオーナー側と雇われる側との関係を円滑にするためにも防犯カメラが重宝されております。

お客様トラブルに

また最近、お釣りが少ないなど言いがかりをつけて店員を土下座させたりする事件が多発しております。

 

その映像をツイッターに上げるなど犯罪に対しての認識が低く日本人のモラルの低下が叫ばれております。弊社の施工事例としてレジの真上から高画質のカメラを設置することでお客様トラブルが発生した際、すぐに映像を確認することができるようにしたところ、設置してからはトラブルを最小限に抑えることができているそうです。


また最近では顔認証システムの導入も進んでおり、問題のあるお客様が来店された際にランプが光ったりブザー音を鳴らしたりできるシステムも出てきております。このシステムを導入しているお客様は問題のあるお客様が来店された際は常にマークすることで第二、第三の被害を最小限に防いでいます。

管理ツールとしての活用

コンビニエンスストアのオーナー様は複数の店舗を経営していることが多く、また各店舗を車などで移動し、ほぼ丸一日使ってそれぞれの店舗の状況を確認しておりました。

弊社の施工実績として5店舗のコンビニエンスオーナー様に対して防犯カメラを導入していただいたところ、それぞれの店舗に直接出向くことが大幅に減り、ガソリン代などの経費削減にもつながったそうです。にもかかわらず、各店舗の映像を常に見ることができるため状況判断が即座に出来、指示も出来るため各店舗の売上を上げることができました。

 

このようにコンビニエンスストアにおいて防犯カメラは必要不可欠な存在です。 普及が始まったのが2000年前後ということもあり、画質が悪いものも多く存在しております。2015年にはAHDというアナログ配線をそのまま利用できるメガピクセルカメラの発売が開始しておりますので、防犯カメラを付け替える際は是非防犯カメラ専門店のアルコムにご相談ください。防犯カメラのプロがオーナー様の目的にマッチしたご提案をさせていただきます。
 

おすすめの機器

威嚇、犯人特定どちらにも利用できる防犯カメラですが、機器選定を誤ると、満足な結果を得られない可能性があります。 例えば、威嚇効果だけでいいのであれば、アナログカメラ(52万画素)の設置でも十分ですが、犯人特定まで入れると、より高画質なAHD(220万画素)のカメラが必要となります。このように設置環境にあわせて、最適な機器、取付場所の選定をご提案させていただきますので、弊社問合せ窓口までお電話やFAXにてお気軽にご相談ください。