pixta_68915531_L.jpg

飲食店における防犯対策!

現代のダイニングルーム

① お客様の入り状況の確認

店舗のバイトスタッフとお客様の多さが適合しているか。といった点を確認し、適正な人員での運営。また、レジでの対応などを見直し、良い対応があれば、スタッフと共有する。など人材育成にも生かすことが出来た。という事例もございました。

② 食品の安全性

食品への異物混入が話題になった時期もあり、飲食店内での防止策、安全性の証明が求められています。お客様から、御指摘があった場合に映像を確認したり、「防犯カメラでしっかり撮影しています」と告知するこということが、安全性へのアピールにもつながります。

③ レジでの金銭授受のトラブル防止

お釣りの受け渡し間違いや、クレジットカードの返却漏れ、お客様の勘違い。など、様々なトラブルが起こるのがレジ周辺です。防犯カメラを設置することで、映像が残り事実の究明が迅速にでき、マイクも併用することでより、確実性の高いデータを残すことが可能です。

④ お店駐車場などでのトラブル防止

食事中は車から離れる時間がある程度わかるので、夜間などは、特に車上荒らしの被害にあいやすいポイントでもあります。防犯カメラがあることで、車上荒らしを遠ざける効果も期待できます。

⑤ お複数店舗を経営されているオーナー様から店舗の様子をパソコンやスマートフォンから閲覧できるようにしたい

遠隔監視をすることで現地に行く手間を省き、移動コストを削減する。という目的で運用されています。忙しい時間帯の店舗の様子を随時チェックできる。という点も、好評をいただいています。 映像から、特定の時間の来店されるお客様の客層、家族構成などを確認し、マーケティング戦略に役立てる。という運用をされている方もいらっしゃいます。

おすすめの機器

店内全体を撮影しながらも、より細部まで撮影できる高画質AHDカメラ

防犯カメラには大きく分けて2種類ございます。エレベータの中などに設置されている丸いドーム型のカメラと、コンビニなどに設置されている、ボックス型カメラです。

カメラの形状により、機能に差はございませんので、どちらを選んでいただいても構いませんが、書店では、冒頭の導入目的でご紹介した通り、「万引き防止」という目的が非常に強い為、「監視している」というアピールの為にも、ボックス型の設置を推奨いたします。

 

ただ、バックヤードに関しては、スタッフへの配慮からドーム型カメラのほうがおすすめです。

 

カメラには撮影範囲の特徴があります、設置場所から被写体までの距離によって、適したカメラが異なります。お客様のご希望にあわせて、最適な機器を提案致しますので、お気軽に御相談ください。

遠隔監視機能が意外に便利

遠隔監視ができることで責任者が現場にいない時でも、現場の状況を確認することが出来るため、例えば24時間営業の飲食店や、1オーナーが複数経営されている店舗では特に需要がございます。

弊社取扱いの「赤外線暗視機能」を持つカメラであれば、全く光の無い夜間でも白黒でしっかりと撮影することが可能です。通常の暗視とは異なり、早い動きにもブレずに撮影できる。という点が最大のポイントです。

録画もしっかり長時間

何かあった時に映像を見返す場合、数週間前のデータを再生したい。というお問い合わせをよくいただきます。長期間綺麗に保存する為に、出来る限り記憶容量の大きいレコーダーを推奨いたします。

画質や撮影している映像にもよりますが、1か月~2か月程度の保存が可能です。 警察の捜査も長期間におよぶことがありますので、希望よりも少し長めの録画を推奨します。

有事の際はUSB経由でバックアップ

上書きされなければHDDに保存されているので読み込みも早いのですが、上書きされてしまうリスクやデータがとんでしまう。といったリスクもあるので、早い段階でUSBフラッシュメモリへコピーしておきましょう。

録画した映像の一部分を外付けのHDDに録画することが可能です。何か気になることがあった映像や、今後の参考にしたい映像などを、取り出し保存することが可能です。自店舗で何かあった場合は警察に通報し、録画データから捜査をしてもらうのですが、画像解析の為に、映像の提出を求められることもあります。そんなときUSBフラッシュメモリであればスムーズな提出が可能です。

フロアがわかれている場合は、それぞれに映像を表示することも可能

フロアが1Fと2Fなどにわかれている場合、お互いのフロア状況をモニタに映し出し、確認できるようにすることで、繁忙状況を確認することができ、空席のご案内も即座に出来る様になる。と特にファーストフードのお店には好評です。