Image by Gradienta

従来の光触媒との違い

施工するのに接着剤を必要としないため、全面を酸化チタンでコーティングすることが可能です。

slide02-1.png

光触媒作用が起こるために必要な条件は2つです。

 

1. 光に当たっていること
2. 空気と酸化チタンの粒子が触れていること

 

上の図のような従来の光触媒工法では、施工にバインダー(接着剤)を使うため、酸化チタン粒子の大半は空気に触れることができず、反応を起こすことができませんでした。

一方、イオニアミストPRO は、接着剤を必要とせず、素材と分子間力で自己結着できるため、酸化チタン粒子はしっかりと空気に接触し、施工面で持続的に反応を起こすことができます。

また、従来の工法では養生やプライマー処理など工程が多く、その分施工時間が長くコストも割高という状況でしたが、イオニアミストPRO は吹きつけるだけで施工が完了!さらに短時間で施工ができ、また工程も少ないため、高性能かつ低コストを実現することができています。

slide03-1.png

このように、従来の光触媒に比べて、高品質でありながら、従来の光触媒に比べて、3分の1という低価格でクリーンな状態をイオニアミストPROでは提供できます。

ひと目でわかる信頼のマーク

光触媒 空気清浄

施工後には、イオニアブランドオリジナルの完了ステッカーを設置します。確かな空気清浄技術とその先にある暮らしの安心・安全の証でもあるイオニアマーク。これからそこで暮らしていく皆様に、未来に対する一層の安心感を感じでいただくことがイオニアの願いです。